リフォームローン金利は国民金融公庫が安い?

リフォームローン金利も気になりますが、国民金融公庫の住宅金融支援機構のメリットをみてみましょう。
住宅金融支援機構を利用すると、60歳以上の高齢者がリフォームローンを組むときに、金利だけの返済で住宅に住み続けることが出来、借り入れ者が亡くなった時点で相続人が返済するか、住宅の売却で返済するか選べる借り方が出来ます。
これは、高齢者向け返済特例制度といいます。
また、バリアフリー化や耐震工事、住み替えのための工事資金を、良心的な金利で借りやすくい仕組みを取っているリフォームローンと言えるでしょう。
高齢者向け特例制度を利用する場合は、バリアフリー化(廊下の幅を広げる、段差解消など)、耐震工事を必ず含む必要があります。