オリックス銀行の本当のおまとめローンと審査について

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスがある金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問は各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

参考→オリックス銀行おまとめローン審査は?年収で制限?【評判口コミ】

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行が提供しているおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠であれば利用することはできません。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない原因をつきとめることが先決です。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。