プロバイダを変更したのでキャッシュバックを貰いました

知名度の高くないワイモバイルの場合、解約する時に発生する解約金を安価にしたり、契約の期間を短くしたりして試用期間を利用するようにすれば、契約の数が増えていくと考えられます。
安さに魅かれても、1年以上の契約期間があっては、契約にはなかなか踏み出せないものです。
プロバイダを変更してキャンペーンでキャッシュバックをもらえました。
新しく契約したプロバイダもスピードが速くサクサクと思い通りに動いてくれるので、不便に感じることは特になく、乗り換えることにしてよかったなと思っているのです。
お得なキャンペーン中なら、プロバイダの変更を考えるのもいいと思います。
毎月請求される光ファイバーの料金は定額を差し引かれているため、殆ど、意識することがないかもしれませんが、携帯などの通信料金と合わせて考えると、毎月馬鹿にできないほどの金額を通信代金として支払っています。
複数の選択肢の中から少しでも安い料金プランで契約を成立させたいものです。
フレッツは客からのクレームが多数集められており、そのうちの一つに加入後ひと月ほど経った頃に、急にネットに繋がらなくなるといったことがあります。
この件の場合、最初の設定に間違いのあることがわかって、無事に利用できるようになったみたいですが、こういうクレームは毎日寄せられているようです。

光ファイバーでテレビが映る?フレッツテレビ【地デジ・アンテナ対策】